手相の見方|幸せになる方法【潜在意識を利用して恋愛を豊かにしよう】|HAPPY

手相やほくろの位置で運勢を調べてみよう!

手相の見方

手

手を全体的に見て判断する

手相占いは、手を全体的に見てその人の性格や運勢を占っていきます。手相は、掌にある線だけではなく様々な部分をみて判断するため、まずは見るべきポイントも調べておきましょう。丘の大きさや状態を判断するのも、手相占いをするときは大切です。

基本の線を知る

掌には沢山の線があるため、どこを見て運勢や性格を判断すれば良いのか分からない!という人も少なくありません。そういったときは、4大基本線を知っておきましょう。占う相手の基本的な性格をあらわしている線と言われています。長さ。形で判断することができるでしょう。

補助線を見極める

性格を表す4大線以外にも、補助線という線が手相にはあります。補助線の長さや形、数によって意味が異なるため、どの線が良くて、どの線がダメなのかを調べてみてください。補助線は、主に仕事運や結婚運などを表すと言われています。

ほくろも幸福のサイン

掌には滅多にほくろができないと言われていますが、ラッキーな人の掌にはほくろがあると言われています。掌の真ん中にできるほくろは「福つかみ」と言われているため、できたときは良いことが起こる兆しかもしれません。

良いと言われている手相

三本川の字

この手相を持っている人は、一角の人物になる可能性があると言われています。人差し指から小指、それぞれの間に線が3つならんでいるかどうか見てみてください。

覇王線

覇王線は、運命線と太陽線・財運線の3つが結びつく線のこと言います。滅多にいないと言われている手相の一つで、大きな幸せを掴むことができると言われています。

はいあがり線

生命線と知能線の近くから伸びている線は、はい上がり線と言われており、どんなに苦しい状況からも這い上がることができると言われています。そのため、この線がある人は今は苦しくても将来的には幸せになれると言われているのです。

広告募集中